東京に来たらやっぱりキャバクラ

口元を写した女性 日本の首都、東京。
そこには、たくさんの思いを持った人たちが集まります。
夢を叶えるため、自分の可能性を確かめるため、仕事の出張、観光旅行……。
その目的は、さまざまと言えるでしょう。
しかしその中には、「東京のキャバクラに行きたい」という思いを持っている人もいるのではないでしょうか。

やっぱり東京と言えばキャバクラ!というイメージを持つ人も多いのでは?
東京には、日本を代表する繁華街が多く存在します。

たとえば、渋谷や新宿、池袋、六本木、銀座などいろんなところがありますよね。
今回は、こういった東京のエリア別にキャバクラ嬢タイプをまとめていきたいと思います。

まずは、東京キャバクラ事情についてお話していきましょう。

東京にはいろんなキャバクラ店がある


東京には、非常にたくさんのキャバクラが建ち並んでいます。
そのため、キャバクラと一言に言っても多種多様なタイプのお店があるのです。
これが地方になってくると、お店の数自体が少なくなってきますよね。
当然、店舗数が少なければお店タイプのバリエーションもあまり多くありません。
その点東京では、高級店から大衆向けのお店まで幅広く存在していますよ。

東京の中でも特に盛んなエリアといえば、新宿や渋谷。
こういったところでは、仕事帰りにキャバクラへと立ち寄るサラリーマンをよく見かけます。
新宿や渋谷は、都内周辺に住んでいる人だけでなく、出張で地方からやってきた人もよく訪れるエリアです。
つまりたくさんの人がキャバクラを利用するわけですから、万人が楽しめるようなごく普通タイプのお店が多いです。
若くて可愛い女の子と一緒にお酒を飲みながら、ワイワイおしゃべりをして楽しむ……そんな空間があなたを待っていますよ。

自分好みのお店を見つけよう


東京には、渋谷と新宿以外にも栄えているエリアはたくさんあります。
渋谷に関しては、109など若者が集まるスポットも多いため、比較的若い女の子が多い傾向にあるようです。

一方新宿は、そんな渋谷よりもキャバクラの軒数が多いエリアとなっています。
特に歌舞伎町は、そういったお店が密集しているエリアなので幅広いタイプのお店があります。
例えば、上でお話したようなごく普通のお店もあれば、年齢層の高い女性が集まる熟女キャバクラなんかもあります。
他にも、コスプレ接待をしてくれるようなお店もありますよ。
その時のニーズや気分に合わせて、利用するお店を選べるのが良いところですよね。

ちなみにこういった東京のナイトスポットでは、営業時間が夜だけではないお店もたくさんあります。
いわゆる朝キャバや昼キャバと呼ばれるもので、朝・昼の時間帯にも遊ぶことができます。

このような朝キャバや昼キャバなどは、地方にはそれほど多くためある意味東京ならではのサービスとも言えるかもしれません。
もちろん地方によっては、あるところもあります。

店舗数が多いゆえの注意点


東京には、非常にたくさんのキャバクラ店があります。
それは、自分のニーズや気分、好みなどに合わせて好きなお店を選べるということ。
しかし店舗数が多いということは、お店選びの幅が広がる反面、悪質なお店も存在するということにもなります。

中には、「ぼったくり」をするようなお店もあるかもしれません。
上手い口車に乗せられて、当初聞いていた料金の何倍ものお金を払わされたなんてこともなきにしもあらずです。
せっかく東京で良い思いをしようと考えていたのに、こういったことがあればテンションもだだ下がりですよね。

そうならないためにも、東京でキャバクラ遊びをする際は、慎重にお店選びをすることが大切です。

↑ PAGE TOP